音大への進学をなんとなく決めたものの、大学選びに悩んでいる中高生や親御さんもいらっしゃるかと思います。東京の名門私立音大、はたまた大阪の人気音大…思い浮かぶのは都会の学校ばかりではないでしょうか?

しかし、都心にある私立音大は授業料がとくに高いことで有名です。そのうえ家賃や生活費もかさみます。その分、地元の学校を選択すると、実家から電車やバスで通えたり、近くで一人暮らしをするにも費用は比較的安く済みます。

ほとんどの大学では教職課程があり、教員免許の取得も可能です。卒業後は地元の小中高校で教鞭を取ったり、文化発展の向上に貢献することも夢ではなさそうです。

また、卒業生の中には、ヨーロッパやアメリカへ留学し、プロの演奏家として活躍されている方もいます。海外の音楽院と提携している大学では、講習会などでヨーロッパ水準のハイレベルな指導を受けることができます。

東京や大阪などの都心部だけでなく、地方にも音楽大学や、音楽専門科が設置されている大学・短大はたくさんあります。進路に迷われている方はぜひ比較してみてください。

今回は、中国・四国地方の音大と、音楽専門科のある大学・短大をご紹介します。

くらしき作陽大学 音楽学部

https://www.ksu.ac.jp/ 

 岡山県倉敷市にある音楽大学です。音楽学部には「モスクワ音楽院特別演奏コース」「演奏芸術コース」「教育文化コース」の3コースが設けられています。なかでもモスクワ音楽院コースでは、ロシア国立モスクワ音楽院所属の教授による、世界最高水準の指導が直接受けられます。レッスンには通訳者が同伴してくれるため安心。ロシア語の授業も開講されており、将来留学を考えている方にとくにオススメです。

・主要キャンパス

新倉敷(JR山陽本線、山陽新幹線)

・学費(2022年度)

初年度 187万〜207万円 ※コースにより異なります

・音楽学部総学生数(2021年度)

174人

・必要科目

実技、聴音、楽典、国語総合(現代文)※コース、選抜等により異なります

作陽短期大学 音楽学科音楽専攻

https://www.ksu.ac.jp/

 くらしき作陽大学と同じ学校法人作陽学園の教育機関です。音楽学科は定員数が40名となっており、少人数制の授業が特徴です。1年課程の専攻科も設けられているため、卒業したあとも学びたい!という方に最適です。

・主要キャンパス

新倉敷駅(JR山陽本線、山陽新幹線)

・学費(2022年度)

初年度 105万〜163万円 ※専攻により異なります

       

・音楽学科総学生数(2021年度)

133人

・必要科目

実技、楽典、国語総合(現代文)※選抜等により異なります

エリザベト音楽大学 音楽学部

http://www.eum.ac.jp/  

 広島県広島市にあるエリザベト音楽大学。1948年設立の「広島音楽学校」を前身とした、由緒ある学びやです。音楽文化学科と演奏学科が設置され、4月入学の春季入学生だけでなく、9月入学の秋季入学生も受け入れています。学部卒業後は、同大学院音楽研究科修士課程、さらには音楽研究科博士後期課程への進学も可能となっています。

・主要キャンパス

広島駅(JR山陽本線、JR芸備線、山陽新幹線)、銀山町電停(広島電鉄本線)

・学費(2022年度)

初年度 147,5万〜190万円 ※学科により異なります

       

・音楽学部総学生数(2021年度)

242人

・必要科目

実技、楽典、ソルフェージュ、副科ピアノ、小論文 ※学科、選抜等により異なります

山口芸術大学短期大学部 芸術表現学科

 https://www.yamaguchi-jca.ac.jp/index.html 

 山口県山口市にある芸術系短期大学です。芸術表現学科と保育学科が設置されています。芸術表現学科卒業の就職希望者のうち95.5%が就職(2022年3月)と、高い就職率を誇っています。

 ・主要キャンパス

上郷駅(JR山口線)

・学費(2022年度)

初年度 119.3万円 

       

・芸術表現学科総学生数(2021年度)

70人 

・必要科目

実技、小論文、国語総合(現代文)※学科、選抜等により異なります

徳島文理大学 音楽学部

 

https://www.bunri-u.ac.jp/ 

 徳島県徳島市の私立大学です。音楽学部音楽学科を設置しており、ウィーン国立音楽大学との姉妹校協定を結んでいます。毎年ひらかれている2校同時主催の講習会では、ウィーン国立音大教授のレッスンを受けることができます。「ピアノ」「声楽」「管打楽器」「音楽クリエイター&アーティスト」「音楽療法」の全5コースから選べます。

・主要キャンパス

徳島駅(JR高徳線、徳島線、牟岐線、鳴門線)

・学費(2022年度)

初年度 208万円 

       

・音楽学部総学生数(2021年度)

49人

・必要科目

実技、小論文 ※学科、選抜等により異なります

徳島文理大学短期大学部 音楽科

 

 徳島文理大学の短期大学部音楽科では「音楽療法」「演奏」「ニューサウンド」「総合音楽」の全4コースを設けています。1年制の音楽専攻科もあり、卒業後も研さんを積むことができます。

・主要キャンパス

徳島駅(JR高徳線、徳島線、牟岐線、鳴門線)

・学費(2022年度)

初年度 179万円 

       

・音楽科総学生数(2021年度)

14人

・必要科目

実技、小論文 ※学科、選抜等により異なります

受験に向けて

入試では専攻楽器の実技や面接、小論文などに加えて、楽典やソルフェージュなどの知識を求める大学・短大もあります。実技のみが指定されている場合であっても、入学後には楽典やソルフェージュの授業があり、まったく初めての場合には「授業内容についていけない…」なんてこともあるかもしれません。

しかし、楽典やソルフェージュの基礎をしっかりと学ぶことのできる音楽教室は、地方ではごく一部しかなく、その分レッスン料を高額に設定しているところもあるようです。

フォニムスタディでは、楽典やソルフェージュに特化した音大受験対策を受講することができます。(月額9,000円〜)

‍国内外の名門音大を卒業した音楽家が、あなたの受験をバックアップする「コーチ付プラン」(+月額10,980円)もご用意しています。

華やかな音大生活へ向けて、さらなる前進を!