フォニム利用規約

1条 本規約について

  1. 本規約は、株式会社フォニム(以下「当社」といいます。)が提供する、社会人のための音楽ワークショップサービス「フォニム」(以下「本サービス」といいます。)の利用に関し、当社と利用者の間に適用されます。
  2. 本サービスに関して、本規約の他に、別途特約、ガイドライン等(以下「個別規約」といいます。)が存在する場合は、個別規約は本規約の一部として、当社と利用者の間に適用されます。個別規約は本規約に優先して適用され、個別規約に定めがないものについては本規約が適用されます。
  3. 利用者は、本規約の定めに従って本サービスを利用しなければなりません。
  4. 本サービスの利用を希望する者が、第3条(アカウント登録)に基づいて本サービス上で認証情報を登録した時点で、当該申込者は本規約に同意したものとみなされます。
  5. 会員は、本規約に同意した日から本サービスを利用できます。

2条 定義

  1. 本サービスにおける各回の講座を、「ワークショップ」といいます。
  2. 複数回のワークショップを当社が1つにまとめて提供するものを、「コース」といいます。
  3. 当社所定の情報を登録して本サービスのアカウントの発行を受けた者を、「会員」といいます。
  4. コースに申し込みを行い、当該コースの受講期間中にある会員を、「コース会員」といいます。なお、コースの受講を修了し、またはコースを解約したコース会員は、コース会員の地位を失い、再び会員の扱いとなります。
  5. あるコースに所属し、特に曜日と時間、会場が決められたまとまりを、「グループ」といいます。
  6. 単に受講中のコースを停止することを、「解約」といい、解約に加えてアカウントも抹消し、本サービスの利用を完全に停止することを、「退会」といいます。

3条 アカウント登録

  1. 本サービスを利用するにあたっては、メールアドレス、パスワード等の当社が指定する情報(本規約で「認証情報」といいます。)の登録または当社が指定する第三者運営サービス(GoogleFacebookをはじめとするが、これらに限らない)との連携による登録が必要となります。
  2. 会員は、認証情報の管理につき、自己の責任で行うこととします。
  3. 当社は、認証情報を利用して行われた行為は、その認証情報を有している会員が行ったものとみなします。
  4. 認証情報は、個人用であり、いかなる場合も譲渡または貸与することを禁止します。
  5. 認証情報が第三者に漏洩した場合、または第三者に利用された場合は、会員は、ただちに当社に申告するものとします。なお、利用者の行為を原因として不正な認証情報が使用された結果として発生した損失、損害について、当社では一切責任を負わず、賠償は行いません。
  6. 当社は、以下の場合、特定の会員に対して認証情報を抹消し、本サービスの利用を禁止することがあります。
    1. 当社に提供した登録事項の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
    2. 契約に必要な法定代理人の同意を得ていない場合
    3. 会員が本規約に違反し、または違反するおそれがあると当社が認めた場合
    4. 会員が過去に当社との契約に違反した場合
    5. 会員が過去に当社に不利益または損害を生じさせたことがある場合
    6. その他、会員登録が適当でないと当社が判断した場合

4条 登録情報

  1. 利用者は、本サービスの利用にあたり情報を登録する場合、当社に対し、真実、正確かつ完全な情報を提供するものとします。
  2. 会員は、次の各項に該当するときは、直ちに当社所定の方法によって当社に届出をするものとします。なお、届出前に生じた損害については、当社は責任を負いません。
    1. 氏名、住所、その他届出事項に変更があった場合、または変更しようとする場合
    2. 前項の他、本契約の内容に影響を及ぼす事態が生じた場合

5条 未成年者による利用

  1. 未成年者が本サービスを利用する場合には、法定代理人の同意が必要になります。当社は、未成年者が会員となった場合には、本サービスの利用および本規約の内容について、法定代理人の同意があったものとみなします。ただし、本サービスは、本規約の公表時点において、未成年の会員による利用を意図したものではありません。

6条 料金

  1. 会員は、当社に対して、本サービスの利用の対価として、コースごとに別途定める料金(以下「基本料金」といいます。)を支払います。また、当社が必要に応じて基本料金以外の料金を定めた場合は、当該料金をも支払います。
  2. 本サービス内で使用する一切の教材費は、基本料金に含まれます。
  3. 本サービスを利用するために必要となる交通費、通信費および通信機器等は、会員の負担と責任により準備するものとします。ただし、当社は、会員の使用する通信機器等において、本サービスのウェブサイトおよびソフトウェアが正常に動作することを保証するものではありません。
  4. 本サービスでは、グループの特性により、SNSサービス、WEBサービス、アプリケーション等の利用を推奨する場合がありますが、受講生はこれらを自己の判断と責任において利用するものとします。
  5. コース会員は、コースの受講期間中は、コースへの出席の有無に関わらず料金を支払うものとします。
  6. 当社は、会員の承諾なく、料金の改定または部分的変更を行うことができるものとし、会員に対し事前に通知するものとします。
  7. 当社は、事情の如何を問わず、会員に対する料金の減額は行いません。これは、会員が短期または長期にわたりワークショップを欠席する場合でも変わりません。

7条 支払い

  1. 会員は、本サービスの料金および消費税等を、当社が指定するクレジットカード決済会社による決済(以下単に「クレジットカード決済」といいます。)または当社が別途定める方法により、当社指定の期日までに支払うものとします。
  2. 料金のクレジットカード決済は、毎月20日に行われます

8条 ワークショップ

  1. 会員が、当社所定の方法で当社に対し受講するコースの申請を行い、コースごとに定める基本料金の決済が完了した時点で、コースの受講申し込みが完了するものとします。
  2. 毎月25日までにコースの受講申し込みが成立した会員は、申し込みを行ったコースの翌月最初の開講日から、ワークショップに参加できるものとします。毎月26日以降に契約が成立した会員は、申し込みを行ったコースの翌々月最初の開講日から、ワークショップに参加できるものとします。
  3. ワークショップは、コース開講時に個別に定める期間を通して、コース開講時に定める回数を実施します。月ごとにワークショップが行われる回数は異なることがありますが、それに伴う基本料金の変動はありません。
  4. ワークショップが実施される曜日と時間帯は、原則として固定とします。
  5. 会場での忘れ物は、当社が1ヶ月間保管した後に、当社の裁量で処分するものとし、会員はこれを了承します。
  6. 当社は、開講中のグループについて、やむを得ない事情により、ワークショップの曜日、時刻、会場などの仕様変更や、他のグループへの移動または統合を申し入れる場合があります。
  7. 当社は、開講中のグループについて、講師の病気やケガ、出産、転勤などにより、他の講師による代講または担当講師の変更をする場合があります。
  8. 当社は、各回の実施の有無についての判断は、原則として、午前のワークショップは前日20時、午後のワークショップは当日11時(以下「実施判断日時」と言います。)の状況を基準に行います。
  9. 当社は、グループの改廃に関わる判断は、原則として、前月26日の0時(以下「改廃判断日時」といいます。)の状況を基準に行います。
  10. グループないしワークショップの最少催行人数は、定員の半数(小数点切り下げ、以下「最少催行人数」と言います。)とします。

9条 遅刻、早退と欠席

  1. 会員は、ワークショップを欠席または遅刻する場合は、開始時間までに所定の方法で当社に連絡することとします。
  2. ワークショップの開始時間から15分を経て会員が一人も会場に入室していない場合、当社は、全員を欠席の扱いとし、当該ワークショップの回を終了します。
  3. 当社は、会員の欠席および遅刻に対するワークショップの振替は、第14条(返金)に定める場合を除き、理由の如何を問わず行いません。

10条 休講

  1. 当社は、災害や悪天候、会場の緊急閉鎖、担当講師の体調不良、またはワークショップへの参加予定人数が実施判断日時において最少催行人数に満たない場合など、やむを得ない場合には休講を行うことがあります。

11条 振替

  1. 当社は、休講を行う場合には、原則として、翌月以降で最も早い、祝日でない同じ曜日の日の、同じ時刻に振替のワークショップを設定します。
  2. 当社が前項の通りに振替を行えない結果、第14条(返金)の条件を満たす場合には、料金の返金を行います。

12条 グループの廃止

  1. 改廃判断日時において受講中の会員数が最少催行人数に満たない場合、当社は、当該グループを原則として廃止します。
  2. 前項の規定により、開講中のグループが廃止される場合、当社は当該グループの会員に対し、他のグループへの移動を依頼する場合があります。これを承諾せず解約を希望する会員に対しては、当社は、第141f号(返金)の定めに従って返金します。
  3. 前項の規定により、グループが初回のワークショップを迎える前に廃止される場合、他グループへの移動を依頼する場合があります。これに承諾しない会員に対しては、当社は、第141e号(返金)の規定に従って返金します。

13条 契約内容の変更

  1. 会員は、契約中のコースを解約した場合、1ヶ月間を経るまで同じコースに申し込むことはできません。
  2. コース会員は、1つのグループにつき1回に限り、同じコースに所属し、定員に空きのある他のグループへの移動を、所定の方法で申し込むことができ、当社がこれを受諾した場合には、会員は即座に別のグループでワークショップに参加することができます。
  3. 理由の如何によらず、会員が契約中のコースを別のコースに変更することはできません。コースの変更を希望する場合は、通常の方法によってコースの解約を行い、新規に別のコースに申し込みを行うものとします。

14条 返金

  1. 当社は、会員に対して、以下の規定に当てはまる場合には、当月の料金をもとに返金を行います(金額はいずれも消費税別。なお計算の結果、小数点以下の桁が生じた場合には、四捨五入します。)。
    1. 当社の都合による休講が、実施判断日時より後に連絡された場合、基本料金の1/3を返金します。
    2. 11条に定める振替を行えない場合、基本料金の1/3を返金します。ただし、前項aに従って返金を行う場合は、この措置は行いません。
    3. 1回まで、会員がワークショップを欠席した際に、理由の如何によらず1,650円を返金します。
    4. グループの会場が、当社が開講時にあらかじめ説明していない別のエリア(地名で表示される一定地域をいい、たとえば「丸の内」、「神保町」、「六本木」等を指しますが、これらに限られません。)に1ヶ月間以上に渡り継続的に変更される場合、これを承諾頂いた会員には、払い込み済みの基本料金のうち、1,650円を返金します。
    5. 会員が申し込んだグループが、初回のワークショップを迎える前に最少催行人数に達しないことを理由に廃止される場合には、当該会員に対し、当該グループへの申込時に支払った料金の全額および入会金(支払った場合)を返金します。
    6. 122項(グループの廃止)に基づいて解約を希望する会員に対しては、払い込み済みの基本料金のうち、当該グループの廃止以降のレッスン回数分を返金します。
  2. 返金は、原則としてクレジットカード決済を取り消す方法により行います。

15条 料金の未納

  1. 会員が利用料金の支払いを遅滞した場合、会員は、当社からの請求に対し、年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。 
  2. クレジットカード決済が3回連続で失敗し、当社からの連絡に対し応答がない場合、当社は、当該会員に通知連絡することなく会員資格を停止することがあります。会員は、その場合にも未納金額を支払うものとし、支払われた場合でも当該会員資格の停止は取り消されないものとします。
  3. 前項の規定によって会員資格が停止された場合、当社は、既に支払われた料金を返金しません。またこれらの措置によって会員が被った損害について、当社は一切の責任を負いません。
  4. 当社は、前項の規定によって会員資格を停止された方が、再び利用契約を行うことを拒否する場合があります。

16条 安全

  1. ワークショップは細心の注意を払って運営されていますが、会員は危険な行為や怪我などが生じないよう留意し、自己の責任においてワークショップを受講するものとします。
  2. 会員は、ワークショップにおいて自己の責任で所持品の管理を行うものとし、当社は、当社に起因しない事故や、会場における所持品の紛失等には責任を負わないものとします。
  3. 本サービスは、ワークショップ時間中の会員を保護する目的で、施設賠償責任保険および動産総合保険に加入しております。ワークショップ中の会員のケガ、物損等に対し、所定の条件を満たす場合においては、当社から保険会社に対し、保険金の請求を行う場合があります。

17条 解約

  1. コース会員が解約を希望する場合には、当社所定の方法により、当社へ解約の届出を行うものとします。
  2. 毎月15日までに解約の届出が当社に到達したコース会員は当月末をもって、毎月15日以降に解約の届出が当社に到達したコース会員は翌月末をもって、それぞれ解約が完了するものとします。
  3. 前項の期日までに解約が完了しない場合には、コース契約は自動更新されます。
  4. 解約が完了するまでは、コース契約の通常の利用料金が発生します。

18条 退会

  1. 会員が退会を希望する場合には、当社所定の方法により、当社への退会の届出を行うものとします。
  2. 当社は、退会を行った会員がサービス上で過去に登録した情報を保持する義務を負わず、当該会員が再入会する場合の方法、料金その他の条件は、新規に入会する会員と同一とします。

19条 長期の無利用

  1. 新規に利用登録を行った会員がその後12ヶ月間にわたって一切のコースを契約しない場合、13ヶ月目に当該会員のアカウントは消滅し、会員資格が停止します。
  2. 一度以上コースを契約したことのある会員が12ヶ月間にわたって一切のコースを契約しない場合、13ヶ月目より月額500円(消費税別)の会員料が発生します。
  3. 会員が、前項の会員料を支払わない場合、当該会員の会員資格は抹消されます。

20条 禁止行為

  1. 会員は、本サービスの利用に当たり、以下の行為を行ってはならないものとします。
    1. ワークショップに関わる以下の各項に定める行為
      1. カリキュラム、教材、配付資料等の複製、上映、ウェブサイト等インターネットへのアップロード、第三者への譲渡、貸与、翻訳、翻案(受講生本人が自身のデータ保管のために行う複製等の私的使用目的の複製など、著作権法上で適法と認められている行為を除きます)
      2. ワークショップでの無断の写真撮影、録音、録画
      3. ワークショップでの携帯電話の使用(緊急時の連絡を除きます)
      4. ワークショップの進行に著しい支障をきたす行為
      5. ワークショップを、営業、宣伝、広告、勧誘等の営利目的で用いる行為
      6. 他の会員に不快感を与える行為
    2. 第三者の著作権等の知的財産権を侵害する行為
    3. 第三者のプライバシーを侵害する行為
    4. 第三者の名誉・信用等を侵害する行為
    5. 犯罪的行為または犯罪的行為に結びつく行為
    6. 他人へのなりすましなど、事実に反する情報を提供する行為
    7. 本サービスの運営を妨げ、または信用を傷つける行為
    8. 当社または第三者に対する迷惑行為
    9. セクシャルハラスメント行為
    10. ストーカー行為
    11. 本サービスの管理するサーバーに対して、コンピュータウィルスなどの有害なプログラムを配信する行為
    12. 認証情報を第三者に貸与その他不正に使用する行為
    13. 当社に虚偽の申告をする行為
    14. 当社が書面または電磁的方法により承諾した場合を除き、個人で複数アカウントを作成する行為
    15. 自己利用以外の目的で本サービスを利用する行為
    16. その他、法令に違反する行為または法令に違反するおそれのある行為
    17. その他、当社が不適切であると判断する行為
  2. 会員により、前項各号に該当する行為がなされた場合、当社は、当該会員に対して、本サービスの利用の停止その他当社が適切と判断する措置(以下、「利用停止措置等」といいます。)をとることができるものとします。なお、利用停止措置等は、当社の判断に基づき行うことができるものとし、当社は、利用停止措置等を行った理由について、開示する義務を負いません。また、利用停止措置等に起因して生じた損害について、当社は、一切の責任を負いません。

21条 個人情報保護

  1. 当社が取得する利用者に関する情報(以下「個人情報」といいます)の取り扱いは、当社が別途定めるプライバシーポリシーに従うものとします。

22条 ワークショップおよびイベントの撮影

  1. 当社は、実施するワークショップおよびイベントの撮影を行う場合があります。撮影した写真・動画等は、当社のウェブサイトや販促物等に使用する場合があり、会員は予めこれを了承するものとします。会員は、撮影およびその使用を拒否する場合は、撮影の前に申告するものとし、事前の申告が無かった場合は、これに同意したものとみなします。

23条 広告とリンク

  1. 本サービスには、第三者のサービス(以下「第三者サービス」といいます)の広告が表示される場合がありますが、当該第三者サービスと利用者間の取引については、利用者が、当該第三者サービスの運営者との間で、自己の責任において行うものとします。
  2. 当社は、前項の取引に起因して利用者に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。

24条 通知

  1. 当社は、本サービスに関連して会員に通知をする場合には、ウェブサイト上での掲示または本サービスに登録された会員の電子メールアドレス・住所に宛てて電子メール・文書を送信する方法など、当社が適当と判断する方法で実施します。
  2. 当社は、本サービスに登録された会員の電子メールアドレス宛にメールを配信した際に、メールが何らかの事情でエラーになった場合であっても通知をしたものとみなし、この場合、当該メールアドレスへのメールの配信を止めることができるものとします。なおメールが受信できなかったことおよび配信を停止することにより会員に損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負いません。

25条 当社による契約解除

  1. 会員が次の各号の一つにでも該当する場合には、会員は期限の利益を失うとともに、当社は直ちに本契約を解除することができるものとします。
    1. 会員が本規定または当社が別途定める関連規定の一つにでも違反したとき
    2. 会員が当社に登録した内容が事実に反することが明らかになったとき
    3. 会員が料金を支払えない財産状態であることが明らかになったとき
    4. 当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して、30日以上応答がない場合
  2. 前項各号の事由により、当社または第三者が損害を負った場合、会員は当該損害を賠償するものとします。
  3. 1項の規定に基づき当社が会員との契約を解除したときには、理由の如何を問わず、契約期間満了までの料金をお支払いいただきます。

26条 知的財産権

  1. 本サービスに関する知的財産権は、当社および正当な権利者たる第三者に帰属します。本規約によって本サービスの権利が会員に移転することはなく、会員には本サービスの利用権のみが許諾されます。

27条  権利義務の譲渡禁止

  1. 会員は、当社による事前の承諾なしに、本規約に基づく一切の権利または義務について、第三者への譲渡、承継、質入その他一切の処分をしてはならないものとします。

28条 委託

  1. 当社は、必要がある場合には、本サービスに関する業務の一部を第三者に委託することができるものとします。

29条 免責

  1. 会員は、会員ご自身の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った一切の行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。会員が本サービスを利用することにより当社が損害を負った場合は、会員は当該損害(合理的な金額の弁護士費用を含みます。)を賠償するものとします。
  2. 会員は、下記の事情により一定期間、本サービスの利用が停止される場合があることをあらかじめ承諾し、損害の補償等を当社に請求しないこととします。
    1. 本サービスまたは本サービスが提携するサービスのサーバー、ソフトウェア等の点検、修理、補修等のための停止
    2. コンピュータ、通信回線等の事故による停止
    3. 停電や天災等の不可抗力による停止
    4. その他、やむをえない事情による停止
  3. 当社は、本サービスに関連して生じた会員および第三者の結果的損害、付随的損害、逸失利益等の間接損害に対して、いかなる責任も負わず、補償を行いません。
  4. 法律上、本規約に定める免責条項が適用されない等の理由により、当社が会員または第三者に対して責任を負うべき場合においては、当社に故意または重過失がある場合を除き、それらの責任に基づく損害賠償額は、その件数を問わず、いかなる場合でも、会員が本サービスを利用するにあたって当社に支払った直近1カ月分の本サービス料金を上限額とします。

30条 暴力団等の反社会的勢力の排除

  1. 会員は、当社に対し、次の各号の事項を誓約するものとします。
    1. 自らが、暴力団、暴力団関係企業、総会屋もしくはこれらに準ずる者またはその構成員(以下総称して「反社会的勢力」といいます。)ではないこと
    2. 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、この契約を締結するものでないこと
    3. 前各号に定める場合のほか、反社会的勢力と一切の関係を有していないこと
    4. 自らまたは第三者を利用して、当社に対する脅迫的な言動または暴力行為、偽計または威力を用いて当社の業務を妨害する行為、もしくは信用を毀損する行為をしないこと
  2. 当社は、会員が前項に定める誓約事項に反することを秘して契約を締結した事実が判明した場合、または契約の締結後に誓約事項に反する事実が生じた場合には、何らの催告を要せず、直ちに利用者との間で締結した契約を解除するものとします。
  3. 前項の事由により契約が解除され、会員が不利益を被ったとしても、当社は一切の責任を負いません。

31条 サービス改定

  1. 当社は、会員に通知することなく、当社の裁量により本サービスの一部の内容を追加、変更、または終了(以下本条で「変更等」といいます。)することができます。
  2. 当社は、前項に基づいて本サービスを変更等したことにより会員に生じた損害および不利益につき、一切の責任を負いません。

32条 規約の変更

  1. 当社は、いつでも、会員の事前の承諾を得ることなく、本規約の内容を変更することができます。
  2. 当社が本規約の内容を変更し、その変更内容を本規約の定め(第24条)に従い会員に通知した場合において、会員が通知において指定された期日以降(ただし、通知において期日を指定しない場合には、当社が通知を発した当日を期日とします。)に本サービスを利用した場合、変更後の本規約に同意したものとみなし、変更後の本規約が適用されます。また、会員が通知において指定された期日内に退会の手続きをとらなかった場合には、変更後の本規約に同意したものとみなされます。

33条 準拠法と管轄裁判所

  1. 本サービス、本規約および関連規約に関する準拠法は、日本法とします。
  2. 本サービス、本規約または関連規約に関して、当社と利用者の間に生じた紛争については、東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

制定 2019年7月