top

憧れのヴァイオリンを、毎日気ままに楽しんでいます

J. N. さま
カテゴリ
ヴァイオリン

オンラインレッスンで、いつでも、どこでも、トップアーティストから音楽を学べるフォニム。
さまざまなお客さまのストーリーを、インタビューを通してご紹介していきます。

今回お話を聞かせてくださった中川さまは、フルタイムでお仕事をされているかたわら、憧れのヴァイオリンをフォニムで気軽に手にとって始めていただきました。
教室で習うのは少し緊張感のあるヴァイオリンですが、日々無理なく2,30分だけ、リラックスして楽しんでいただいています。

ご受講をはじめていただいたきっかけはどういったものでしたか。
また、いろいろな習い方の中でなぜフォニムを選んでくださったのでしょうか?

コロナでおうち時間が長くなるかなと思ったのが、受講を始めたきっかけです。
楽器に触ったことがなくて、もちろんヴァイオリンも持っていないので、いろいろ考えなくてはいけないなと思っていました。

自分の子どもが音楽教室でレッスンを受けるのを見てきていたので、楽器店のレッスンは身近ではあったけれど、今回自分で始めるにあたってはもっと気軽かつ本格的に始めたいという気持ちがありました。
もし難しすぎても、なかなか言い出しにくいですし…(笑)

あとは楽器の音もネックだったので、「サイレントバイオリン™(ヤマハ社)」を探していました。
そのなかで、電子楽器でも受講できるというフォニムのサイトを見つけて、私のやりたいスタイルにマッチするなと。

先生とつかず離れず、適度な距離感でレッスンができそうだなと思って、こちらで始めました。


「そのなかで、電子楽器でも受講できるというフォニムのサイトを見つけて、私のやりたいスタイルにマッチするなと。」

練習はいつも何時ごろにされていますか?

フルタイムで仕事をしていますので、家事が落ち着いた21時くらいから練習をしています。

となると、対面で通うというのは難しいですね。

そうなんです。
それに、決まった日付のレッスンまでに練習を仕上げていかなければいけないし、教室でみんなが参加する発表会なども時間的に厳しいなというのがありました。
もう少し気軽に、でも中身はしっかり本格的なものでやりたいなと悩んでいたんです。

フォニムでの一回の練習は、何分くらいですか?

10分弱の動画を眺めてから、練習を10分、15分くらいします。
これは自分でも驚くんですが、フォニムを始めてから、旅行以外で楽器に触らない日がほとんどないんです!
気軽にぱっとできるから毎日続いていて、お休みの日には1時間くらいはやっているかも。

YouTubeなどの動画で学ぶというのは考えましたか?

観ることはもちろんあるのですが、一本一本が長くて、なかなか体系だっていなかったりするので、それでずっと勉強するというのは自分はちょっと難しいかな?と思いました。

フォニムで勉強していて疑問があったら?

各レッスンでホームワークを数十秒くらい自由に提出して、そこに「どういう練習をしたけれどどこが上手くいかない」と書くとチューターの方がコメントをくださるんです。

試してみると「あっ、本当にうまくいったかも!」という繰り返しがあって、そういう風に解決してますね。モチベーションもすごく上がります。

オンラインで趣味を始められたことはこれまでありますか?
率直な感想はいかがでしょうか。

資格を取るときに通信講座は受けましたが、習い事としては初めてですね。
レッスン映像を、手の動かし方に集中して観たり、今度は音に集中して観たり、また姿勢とか指の動かし方など、違う視点で見ると違う学びがあるんです。

動画なので繰り返し観られて、先生もどんなに簡単なことでも何度でも嫌がらずに教えてくれてるような感じがします(笑)。
なので、受講前のイメージとギャップはないと思います。

レッスンの配信が、だいたい5日に1回届くんですが、それがちょうどこなせる量になっているので、よくできたカリキュラムだなと感じます。

「手の動かし方に集中して観たり、今度は音に集中して観たり、また姿勢とか指の動かし方など、違う視点で見ると違う学びがあるんです」

はじめて4ヶ月と少し経って、今はどんな曲を?

著名なクラシック曲のサビ部分を中心にやっている感じです。
耳馴染みのある曲を弾いているので、子供っぽい練習曲などではないですね。

演奏も聴かせていただきましたが、本当に目覚ましい成長ですね!

いえいえ…やってくる教材のペースに身を任せるようにやっています。上手に弾けているかはわかりませんが、それをアップロードすることでチューターさんからアドバイスがもらえるというサイクルが嬉しいですね。

楽器もフォニムのレンタルのもので練習をしているのですが、映像内の先生と同じものを使っているという安心感もあります。一流の先生が、実際にサイレントの楽器を使われて素晴らしい演奏をされているので、手元の楽器をすごく身近に感じながらやっています。

フォニムを始めるまで、オンラインでここまでできると思われていましたか?

思ってなかったですね。
やっぱり、一方的に送られてくるというものだとどこかで飽きたと思うのですが、オンラインでも適度な接点が保たれているところが良いです。

あとは、「自分の演奏を人と比較されない」というのが個人的にとても気に入っているポイントです。

オンラインの音楽レッスンを迷っている方に、メッセージはありますか?

私がそうだったように、「いつか始めてみよう」と思っている方はたくさんいると思います。楽器は高いし、本当に続けられるかなと…。

オンラインで楽器を学ぶのはすごく気軽ですし、時間も場所も自分次第で工夫すれば続けられるので、ぜひまずはトライしてみてほしいと思います。

ご利用者の声

No items found.

Search for something