top
オンラインではじめる

バイオリンレッスン

月額1980円(税込)で、完全初心者のかたが気軽にはじめられるレッスン。5日に1回お届けする動画とテキストで、自分のペースで進むことができます。

シビアなグループレッスンは不安…本場のバイオリニストの指導を、リラックスして楽しみたい方に!

バイオリンのオンラインレッスン
無料で利用登録

サイレント楽器でのご受講OK!

ヘッドホンを付けて楽しめる「サイレント楽器」に全面対応!通常の約1/10の音量ですが、移動先での練習にトッププロも活用する、本物の高級バイオリンです。

フォニム楽器レンタル > なら、月額たったの7,990円で、届いてすぐに弾き始められるフルセットが揃います。

カリキュラム

バイオリンを鳴らすには
弾く時にまず目がいくのは左肩に乗っている楽器ですが、どんな音を奏でるのか決めているのは主に右手の弓です。

日常では、手のひらや指の一本一本の筋肉を気にしながら動くことはほとんどありませんが、弓をスムーズにあやつることでもっと美しい音が引き出せます。鏡を見ながら、楽器を構えてみましょう。
アイネクライネを弾く
モーツァルトの名曲「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」のメロディで、D線とA線をつかって弾いてみます。

この曲の第1楽章は4拍子、第3楽章は3拍子、第4楽章は2拍子で書かれているので、それぞれの拍子感にしっかり乗って弾く技術も身につけていきましょう。
パッヘルベルのカノン・前編
「カノン」は、輪唱ともいわれる作曲技法です。一定のハーモニーの中でどんどんメロディが展開するので、耳なじみもよく、特にこのパッヘルベル作曲のものが世界中で愛されています。

4弦全体で、弓もたっぷり使って、美しい音色で弾いていきましょう。
パッヘルベルのカノン・後編
8分音符で4つの弦をいったり行ったりきたりできるようになったら、掛けあいがキラキラとはなやかになる16分音符の部分に進んでいきます。

少し本格的な運指にも、そろそろストレスなく取り組めるはずです。「セヴシック」という王道のエチュード(練習曲集)も、いくつかピックアップしてチャレンジしてみましょう。
日頃の基礎トレーニング
ここで少しだけ新曲をお休みして、さらに上質な演奏をするための土台となる指の使い方を、わかりやすく解説していきます。

このコースを一緒にクリアすることで、いよいよ入門段階を終えて、少し本格的な曲に取りかかるためのウォームアップを完了することができます!
天国と地獄のメロディ
この作品は1850年代のフランス社会を風刺した喜劇で、とくに序曲の第3部が運動会の定番曲として日本でも有名です。

今回はこの曲で、弓の動かし方の幅を広げていきましょう。スタッカート、アクセントを織りまぜて弾けるようになったら、弦楽器特有の奏法である「サルタート」「スピッカート」もご紹介します。
ベートーヴェンのメヌエット
メヌエットは、17-18世紀ごろフランスの宮廷で流行った、ゆったりとした三拍子の踊りです。

ベートーヴェン版のメヌエットの美しいメロディに触れながら、一歩進んだ技術と表現を見ていきましょう。ポジション移動のほか、付点のリズムやスラー、スタッカートなど、幅広いテクニックの理解を同時に深めることができます。
グノーのアヴェ・マリア
グノーの『アヴェ・マリア』では、ポジション移動が数小節ごとに出てきます。いつも1の指でポジションを確認してから、着実に手の移動をこなしていく練習になります。

後半では、チェコの作曲家ドヴォルザークの「ユーモレスク」を弾いてみます。この曲冒頭のスラーは、今までに出てこなかった新しいパターンのものです。

主な出演者 / チューター

上敷領 藍子(Aiko Kamishikiryo)

マーストリヒト音楽院を首席卒業。バルレッタ国際音楽コンクール第1位(イタリア)、レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位(フランス)など数々受賞。これまでにポーランドクラクフ室内管弦楽団、大阪センチュリー交響楽団等と共演。

本田 佳奈(Kana Honda)

日本クラシック音楽コンクール全国大会第5位をはじめとしたコンクールで数多く受賞。桐朋学園大学音楽学部卒業。幅広いジャンルにおいてTV番組やPVレコーディングに参加。 ドラマ番組のバイオリン指導や、ペニンシュラ東京でのロビー演奏も務める。

レッスンの様子

ご受講をはじめて約10ヶ月目。こんな曲に取り組んでいただけます(グノー「アヴェ・マリア」)。

講座プレイリスト

無理なく弾きこなしていただけるようにアレンジした名曲の数々。

1年で「愛の挨拶」「ユーモレスク」「アヴェ・マリア」など、あこがれの美しいバイオリン曲が身につきます。
ゆったり少しずつ進みながら、ご家族やご友人に披露してみませんか?

Phonim Musicとは?

Phonim Music(フォニム ミュージック)は、楽器を教わりに行く、ふつうの習いごとスクールではありません。
これからの音楽は、もっと簡単に、ストレスなく楽しめます。

人気のポピュラー曲はもちろん、憧れの王道クラシックまでオール=ジャンルをカバー。大人気アーティストによるスタジオレッスン、書き下ろしテキストの数々を、月額1,980円からのサブスクでお楽しみください。

10分,20分のリフレッシュ時間で気軽に楽しめる

毎回のレッスンで魅力的な楽曲を取り上げ、1ステップずつ実演しながら解説していきます。
アーティストが演奏中に考えていること、楽曲のとらえ方、日頃の練習方法など、ここだけの豊富な裏話も交えながら勉強していきましょう。

動画と連動した完全書き下ろし解説+αのコラムも学べる

はじめての方も、再チャレンジの方も楽しめる、ステップ式で基礎から応用まで学べるオリジナル教材です。
いきなり楽譜や音楽理論の暗記がはじまるカリキュラムにお疲れではありませんか?
フォニムの教材は、まったく楽譜が読めない方でも、序盤は見てマネするだけで演奏できるように作成しています。

アーティストがあなたの演奏にフィードバック

「ホームワーク」を演奏してフォニムにアップすると、チューター陣からアドバイスが届きます。
教室・Zoomでのレッスンは「明日までに課題を仕上げないと…」と緊張しますが、つかず離れずストレスのない学習が可能です。

料金プラン

カジュアルにはじめたい or 積極的に上達したい方に向けて2つのプランをご用意

エントリープラン

¥1,980 月額(税込み)
動画とテキストを5日ごとに配信
ホームワークを投稿できる
無料で利用登録

FAQ-バイオリン講座について

どんなヴァイオリンで受講できますか
アコースティック、サイレントともに、基本的にあらゆるバイオリン(ヴァイオリン)でご受講いただけます。

音量を抑えたサイレントバイオリン(エレキバイオリン、電子バイオリン)については、上達時の本格的な練習にも対応できることから、ヤマハ社の「YSV-104」を推奨しています。 フォニムストア > でおすすめの楽器をご覧ください。
必要な機材はありますか?
スマートフォンやPCのカメラ・マイクで演奏をアップすることで、あなたの音や弾き方をもとにチューターのアドバイスをお贈りします(スタンダードプランの場合)。カメラはOFFのまま、オーディオだけの提出も可能です。

受講者の声

ヴァイオリン

憧れのヴァイオリンを、毎日気ままに楽しんでいます

ストーリーを読む

メディア掲載