本物のレッスンに出会おう

いつかはピアノをはじめたいと思っていた方へ。楽譜が読めなくても上級者まですらすら導く、オンラインカリキュラムの決定版がこちらです。

海外音楽大学ないし東京藝術大学出身の講師が特別に書き下ろすテキスト・レッスン動画が、毎週1回〜お手もとに。早朝でも深夜でもリラックスして、満足いくまで何度でも見返しOK。

初心者のうちから受けることはなかなか叶わなかった一流講師による指導を、オンラインレッスンの仕組みによって特別に皆さんにお届けします。プロによる的確な解説と、考え抜かれた教材をどうぞ。

憧れの曲の数々を題材に、みるみる上達できる

フォニムのレッスンでは指先のテクニックだけでなく、ピアノ曲に隠されたコード進行の秘密など、音楽も演奏するのも鑑賞するのも楽しくなる、大人が知りたい音楽教養が語り尽くされます。

クラシック・ジャズ・ポピュラーまで何十もの魅力的な楽曲ラインナップに出会えるステップ・バイ・ステップのカリキュラムで、あなたも人前で披露できるレパートリーをすらすら習得することができます。

カリキュラムのハイライト

ピアノのコースをいくつかご紹介。
おおよそ1コースに1ヶ月半のペースで進んでいきます。
ようこそピアノの世界へ
姿勢・手の置き方から始めて基本的な演奏方法まで、ピアノ奏者としてのはじめの一歩を踏み出してみましょう。練習する曲は、
“Scarborough Fair”(「スカボロー・フェア」サイモン&ガーファンクル)“Close to You”(カーペンターズ)“Wish upon a star”(「星に願いを」)の三曲です。
基本のテクニック
「ツーファイブ」というハーモニーの進み方を学び、それをもとに、ピアノの基本的な技術である「分散和音」や「音階」を楽しく習得していきます。これらの技術が身につくことによって、皆さんのピアノの世界は一気に広がります。その応用として、「エーデルワイス」と“So what”(マイルス・デイヴィス)を弾いてみましょう。
クラシックに学ぶ音楽の表現
このコースでは、クラシック音楽の名曲である「ジムノペディ」「平均律クラーヴィア曲集1巻1番プレリュード」「メヌエット」を練習しながら、ペダルの使い方や、音楽の表現の仕方を学んでいきます。音が鳴って楽しい、から、自分の表現ができて楽しい、に変わっていくと、ピアノをますます好きになれることでしょう。
コード記号の読み方の基本
ジャズやポップスを演奏したり作曲したりする上で欠かせない、コード記号について学びます。コード記号がなぜ便利なのか、どのような考えで作られている記号なのかを理解しつつ、実際にピアノで演奏してみましょう。このコースではThe Beatlesの「Hey Jude」、アンジェラ・アキの「手紙~拝啓 十五の君へ~」、Guilbert O'Sullivanの「Alone Again」を扱います。コード譜を学べばさらに広く様々な曲を弾けるようになることでしょう。

お得な料金で、多彩なレッスンをご提供します。

入会金・その他登録料
FREE
月額 (税込)
¥1,980
返金サポート期間
7 days
*お申し込みにはクレジットカードが必要となります。 ご満足いただけなかった場合、初回のお支払いから7日以内のキャンセルで受講料をご返金します。

レッスンの様子

いつかはピアノを習いたい、そう思ったことはありませんか?
今がかなえるチャンスです。

We haven't published any posts just yet.

エキスパートによる講座監修

音楽教育を知り尽くした講師陣が、
あなたをワクワクさせる新たなスタイルの講座をお送りします。

STAY IN TOUCH

  新しい楽器やプログラムの追加をいち早くお知らせします。
ご登録いただきありがとうございます。
エラーが発生しました。
フォニムの楽器レンタル

PHONIM INSTRUMENTS

月々4,820円〜・送料無料。1ヶ月から買わずにお試し。すぐに練習を始められるセットでお届けします
ラインナップを見る