top
ブログ
 
June 4, 2021

「五度圏」をわかりやすく 〜音楽の理解がすすむ、便利な早見表〜

「五度圏」という表をご存知ですか?

五度圏はそれぞれの調で基本的に使える音を把握する早見表です。

調(キー)を理解したり、作曲や即興の参考にしたり、と知っておくと便利なツールです。


<この記事を書いたひと>

日比 美和子(ひび みわこ)

東京藝術大学大学院在学中に、日本学術振興会の支援を得てニューヨークのコロンビア大学大学院にて音楽理論を学ぶ。2013年、東京藝術大学大学院音楽研究科博士後期課程修了。博士(音楽学)。2015 年渡米。NY、LA、SFを経て現在アーバイン在住。私立学校で講師を務める傍ら、曲目解説や CDライナーノーツの執筆、米国の主要都市でクラシック音楽のレクチャーを行う。共著『ハーモニー探究の歴史―思想としての和声理論』音楽之友社より出版(2019年)。


1. 五度圏とは

五度圏とは、完全5度をもとに12の長調と12の短調を一覧にした表です。

表には法則があって、全ての調が完全5度の間隔で並べられています。


表の一番上にはCメジャー(ハ長調)。Cメジャーの右隣は完全5度上のGメジャー(ト長調)です。

完全5度って何?という方は、ピアノの鍵盤を思い浮かべてください。

完全5度は2つの音の間の距離を示す音程の一つ。

ここでは、ピアノの白鍵と黒鍵の両方を数えながら7音右に移動すると完全5度上の音になるということを理解していただければ大丈夫です。

CからC#, D, D#, E, F, F#, Gというように7音右に行くと完全5度上のGですね。


五度圏では時計回りに完全5度上の調が並べられています。半時計回りでは、完全5度下の調が見つかります。

円の右側はシャープのつく調、左側はフラットのつく調が並べられています。

シャープのつく調では完全5度上に行くに従って一つずつ調号のシャープの数が増え、

フラットのつく調では完全5度下に行くに従って一つずつ調号のフラットの数が増えます。

外円には長調、内円には短調が並べられています。


2. 五度圏の機能


五度圏は、調号を確認するための早見表の役割を持っています。

例えば、Gメジャー(ト長調)はいくつシャープが必要だったっけ?という時に五度圏

を見れば、シャープが一つ、F(ファ)につくということがわかります。

次に、平行調を確認することができます。

平行調とは、同じ数だけのシャープやフラットを持つ長調と短調のペアを指します。

例えば、Fメジャー(ヘ長調)とDマイナー(ニ短調)はどちらもフラットが一つ必要です。

同じ数のフラットを持つので、FメジャーとDマイナーは平行調の関係にあります。

五度圏の外円と内円の同じ位置を見ると平行調がわかります。

3. 五度圏は誰が作った?

そもそも何で5度の間隔で並べられているの?と思われる方も多いでしょう。

五度圏の起源は古く、ピタゴラスと弟子たちが紀元前600 年頃に作ったピタゴラスのサークルに由来すると言われています。

ピタゴラスは弦を使った実験で、2つの音の振動数比を調べました。最初に振動数が2:1になる2つの音が耳に心地よいと気づきます。これはオクターブ離れた音でした。

それから振動数が3:2になる音同士も心地よいということに気づきます。例えばCとGは3:2の振動数比です。

彼は振動数が3:2になる音を順に見つけていくと12回で元の音に戻ることを発見します。

正確には完全には元には戻らなくてズレが発生するのですが、ここで重要なのは、12でほぼ元の音に戻る、つまりCで始めたら12サイクルでCに戻るということです。

12サイクルでピタゴラスはオクターブ中にある12の音を見つけました。

3:2の振動数比は完全5度を生み出すのでピタゴラスのサークルは五度圏の原形といわれています。

 

なお、ロシアの作曲家・音楽理論家ニコライ・ディレツキーが1670年代に発表した表が現在の五度圏に近い形です。


4. 五度圏の便利な使い方

「2. 五度圏の機能」で説明した以外にも、五度圏には便利な使い方があります。

例えば、作曲や即興をする際に近い関係にある調を簡単に確認できます。

五度圏で近い位置にある調を選べば自然な転調ができます。

また、完全5度の動きはスムーズで心地よい動きを生み出すので、作曲をする時のベースラインによく使われます。

次のビデオでは完全5度の動きが用いられた作品を聴くことができます。


便利な五度圏。ぜひ音楽の理解、作曲など様々なシーンでご活用ください。


Search for something